不動産登記

天秤とジャッジガベル

不動産の所有権が移転した場合には、不動産登記を行うことをおすすめします。不動産登記は、最寄りの法務局に届け出を行うことで成立します。法律的に必須事項というわけではありませんが、のちのトラブルを防止するためにも不動産登記を完了させてください。不動産登記を行わない不動産については、あなたの所有物だということが公示されません。つまり、他の人に対して自分の不動産だということが主張できないのです。法律上もあなたの持ち物だということをはっきりさせるためにも不動産登記が必要となるわけです。では、どのようにすれば不動産登記ができるのでしょうか。登記の専門家である司法書士にお任せする人が大半です。東京には多数の司法書士がいますので気軽に相談してみましょう。

不動産登記を専門に行っている司法書士に問い合わせてみて、不動産登記に必要な費用や書類などを確認してください。やさしく教えてくれますので、気軽に電話連絡してください。最近では、ホームページやブログをつくって公開している司法書士が増えてきました。東京で活動している司法書士の多くがホームページを持っています。それらの情報を比較したうえで、あなたが依頼しやすい司法書士を探してみましょう。詳しい情報をインターネットに公開している司法書士であれば、信頼できると考えて問題ありません。東京には多数の司法書士がいますので、競争が激しい地域となっています。しのぎを削って実力を磨いている司法書士が東京には多いので、安心して任せられます。