労働トラブル解決のために

ウーマン

心強いサポート役

今日ではさまざまな私人間トラブルが発生しております。しかし、ここ東京都をはじめ、日本各地で最近増えているのが労働者と使用者との間のトラブル、すなわち労働トラブルです。労働トラブルには賃金や残業代の不払い請求といった労働基準法に絡むものや、解雇や雇い止めの無効を訴えるものなどがあります。また、最近では上司からのパワハラやセクハラによる精神的被害に対し、会社側に慰謝料を求めるようなケースも東京都を中心に増えています。このようなトラブルを解決するには当事者同士での示談から始めて、究極的には裁判という流れになるものです。ですが、その過程において欠かせない存在が法律の専門家である弁護士です。法律の専門家である士業は他にもありますが、全ての訴訟の代理を務められるのは弁護士に限られます。弁護士を選ぶ上で重要な点としては、第一に、どのような事件を専門としているかを確認するということです。東京都には実に多くの法律事務所があり、そこに所属している弁護士も非常に多いわけですが、それらの弁護士の多くは特定の事件を専門に受任しています。そのため、労働トラブル解決のためには労働事件を専門とする弁護士を探すことが重要になります。実際、東京都内でも労働事件を主に取り扱う法律事務所は少なくありません。第二に、労働事件を扱う上で、使用者側と労働者側のどちらに立つ弁護士なのかを確認するということです。労働事件を扱う弁護士であっても、立ち位置を明確にしていることが一般的です。そのため、十分に確認したうえで自分の側に立ってくれる弁護士に依頼をする必要があります。