専門家に依頼しよう|債務整理を行なって窮地を脱しましょう|悩みスッキリ解決

専門家に依頼しよう

男の人

複数の金融業者から借入を行う事を多重債務者といいますが、このような状態が続くと返済が厳しくなります。そこで弁護士や司法書士に相談をして何か対策を取りますが、その方法の1つとして挙げられるのが個人再生です。これは債務整理の一種ですが、自己破産にも近い形態です。ただし個人再生は自己破産と違い、マイホームを残す事が可能となります。その人の現状等を踏まえて裁判所に債務の免責の申し立てを行います。概ね借金は3分の1程度に圧縮され、その借金を3年から5年程度かけて返済する事になります。自己破産とは違って資格制限がない上、借入金額が5,000万以下が対象となります。また継続的な収入がある事が必要です。このような個人再生は裁判所への申し立てもある事から、弁護士や司法書士に依頼する事が一般的です。依頼をした場合の費用は弁護士や司法書士によって大きく異なります。また住宅ローンが残っているか、否かでも費用が異なってきます。相場としては概ね20万〜50万程度となります。これ以外にも法定上必要な収入印紙等があります。なお個人再生をするぐらいなので、費用は一括で支払う事が難しい場合もあります。その場合には分割で弁護士や司法書士に支払いをする流れとなります。弁護士や司法書士の中にはこの債務問題に専門で取り組みをしている方もいます。まずは相談に行くことが必要ですが、複数に相談をし、トータル費用がいくらか、相談しやすいか等をしっかり比較検討する必要があります。